ニキビ肌 洗顔法

ニキビがあるときでも朝は洗顔すべき?その方法は?

ニキビ肌,洗顔法

 

有名な美容家や皮膚科医など、朝の洗顔は「水のみ」を推奨している方もいますよね?

 

でも、やはり洗顔は朝晩2回、きちんと洗顔料を使って行うという説がいまだに根強く人気があります。

 

私は朝晩ちゃんと洗顔料を使って洗顔していますが、休みの日は水だけでバシャバシャ洗って終わり、ということもあります(笑)。

 

どちらが良いか悪いかは、その人それぞれの肌状態で違いますから一概には言えませんが、ニキビ肌の人はどうなんでしょうか?

 

今回は、ニキビ肌の朝洗顔の是非についてお話ししたいと思います!

 

 

●ニキビがあるときでも朝は洗顔すべき?

 

このタイトルだと、ニキビがあるときは朝洗顔すべきでない、という考え方があるように感じますが、洗顔は必ず朝晩行いましょう。

 

なぜならヒトは、寝ているときにも自律神経が働いて皮脂や汗を分泌し、体内の水分と油分を調整しています。

 

ですので、朝起きたときには顔がベタベタしていたり、テカっていたりするものです。

 

今回の「朝は洗顔すべき?」は、「朝は洗顔料を使って洗顔すべき?」ということになりますね。

 

さて、朝は洗顔料を使って洗顔すべきか否かですが、私はニキビ肌の方は水洗顔のみはおススメしません。

 

洗顔料を使って洗顔すべき、だと私は思っていますし、それが最善だと信じています。

 

なぜなら、水は油と混じることがありませんので、寝起きの皮脂を水だけではしっかり落としきれないからです。

 

ご存知の通り、ニキビというのは過剰皮脂によるアクネ菌の増殖が原因ですから、寝起きの顔中アクネ菌だらけの状態を放置するのはニキビ肌の方にとっては自殺行為です。

 

たぶんニキビ肌の方も、言われなくても朝晩洗顔料を使って洗顔しているはずです。

 

だってベタベタしていたら気持ち悪いし、顔がかゆくなりそうですよね?

 

朝も夜もちゃんと洗顔料を使って、肌を清潔に保ちましょう!

 

 

●ニキビ肌の朝の洗顔方法は?

 

ニキビ肌の方はまず「ぬるめのお湯」で顔全体を濡らします。

 

夏など冷たい水で洗いたいところですが、ニキビ肌の方はとくに、必要以上に皮脂をとってしまうとかえって皮脂分泌が過剰になってしまいニキビに良くありません。

 

ですので、必ずぬるま湯を使ってください。

 

そして、愛用の洗顔料をしっかり泡立て、ゆっくり顔全体に泡をのせていきます。

 

朝は時間がなくて、乱暴にゴシゴシ洗ってしまう方もいると思いますが(特に男性)、決してゴシゴシせず、ゆっくり泡を動かすように洗いましょう。

 

すすぎも、ぬるま湯でしっかり、しつこいくらいにすすいでください。

 

もう大丈夫かな、と思ったところから、あと5回!しつこいくらいに(笑)。

 

洗顔後はタオルで優しく水分をふき取ります。

 

ふき取るというより、タオルに水を吸わせる感じで顔に優しく当てていきます。

 

 

●ニキビがあるときでも朝は洗顔すべき?その方法は?

 

いかがでしたか?

 

ニキビ肌の方は朝晩しっかり洗顔料を使って洗顔することをおススメします。

 

ただ、洗いすぎて必要以上に皮脂をとってしまうことを避けるために、洗顔は朝晩2回のみ、使用する水はぬるま湯、ゴシゴシこすらず、タオルも顔に当てるように!

 

これらのポイントをしっかり押さえながら、正しい洗顔を行ってください!