ニキビ肌 洗顔法

ニキビ肌が洗顔するときに気をつけるべき点?

ニキビ肌,洗顔法

 

ニキビがあるとテンションが下がりますよね…。

 

鏡を見てはため息、そんな方も多いのではないでしょうか?

 

しかも、ニキビの奴ときたら、顔の目立つとところに存在を主張するようにできるんだから困ったものです。

 

さて、ニキビ肌には洗顔が最も大切、という説は有名ですよね。

 

たしかにニキビ肌じゃなくても、朝と夜の洗顔はさっぱりして気持ちいいですし、勉強や仕事の合間などにも洗顔すると気分転換になって良い、という方もいます。

 

でも、このニキビ肌には洗顔最強説ですが、気をつけなければいけない点がいくつかあります。

 

今回はニキビにお悩みの方が洗顔する時の注意点についてお話いたします!

 

 

●洗顔料選びは大丈夫?間違った洗顔料を使っていない?

 

ニキビ肌の方は、洗顔料からしっかり自分の肌に合ったものを使わなければいけません。

 

思春期ニキビの場合は、第二次性徴期におけるホルモンバランスの変化や、過剰皮脂が原因の場合が多いので、毛穴のつまりを取り除き、さっぱり洗えるタイプのものがおススメです。

 

その際は、洗顔フォームでも固形石鹸でも形状はどんなものでも構いませんが、思春期ニキビ用という専用の洗顔を使うのがもっとも安心です。

 

そして、20代前半から後半以降の大人ニキビにお悩みの方は、自分のニキビの原因をはっきり突き止め、それに合った洗顔料を使うことが必須です。

 

例えば大人ニキビの場合、甘いものの食べ過ぎ(チョコレートやケーキなど)で、翌日ポツッと大きなニキビがあごやおでこ、鼻のまわりにできていることがありますが、このようなニキビでしたら、泡洗顔がおススメです。

 

また、生理前やホルモンバランスの乱れが原因の場合、低刺激で潤いが残るタイプの洗顔がおススメ。

 

毎日の肌状態に合わせて洗顔料をチョイスするのが理想です。

 

 

●洗いすぎはダメ!ゴシゴシ洗いはもってのほか!

 

ニキビが気になると、洗顔が甘くて皮脂汚れが落としきれていないのではと思い、必要以上にゴシゴシする方がいますが、あれはNGです。

 

一説によると、ニキビ肌の人は普通肌の人に比べて、肌の清潔度は高いそう。

 

清潔度というのは、肌の常在菌がどれだけ残留しているか、ということのデータだそうですが、ニキビ肌の人はそれだけ意識して洗顔しているので、むしろ肌表面はとってもキレイとのこと。

 

ですから、ニキビ肌の人の洗顔は多くて朝晩1日2回まで。

 

その際も決してゴシゴシこすらず、泡で包み込むように、泡を動かすように洗いましょう。

 

皮脂が溜まりやすい小鼻やTゾーンは、より念入りに優しく泡で洗います。

 

電動の洗顔ブラシや洗顔パフなどを使って洗う方もいると思いますが、その場合も絶対に力は入れず、優しくなでるように洗うといいのではないでしょうか?

 

 

●ニキビ肌が洗顔するときに気をつけるべき点?

 

いかがですか?

 

ニキビがあると、そこにばっかり意識がいって余計気になってしまうので、朝晩きちんと洗顔し保湿ケアをしたら、あとは自然に任せてストレスをためないようにしましょう。

 

また、特に男性など面倒くさがりで朝の洗顔もおろそかになっている方は、それもそれで様々な肌トラブルの原因になりますので気をつけてくださいね。

 

自分に合った洗顔料を見つけ、朝晩楽しくお手入れしましょう♪