ニキビ肌 洗顔法

ニキビ肌には洗顔石鹸が良い?ってホント?

ニキビ肌,洗顔法

 

ネットなどでまことしやかに流れているウワサ、「ニキビには洗顔石鹸がいい!」って本当なのでしょうか?

 

洗顔には、石鹸やフォーム、泡やムース、パウダー、ジェルなどいろいろな形状がありますが、今回はその中でとくに「ニキビ肌には石鹸が良い」というウワサについて検証してみたいと思います。

 

ちなみに私は固形石鹸が大好きで、顔も体も固形石鹸で洗っています♪

 

なんで好きかというと、まずは洗い上がりがつっぱらない、ということ。

 

それから、香りが天然に近く、とっても癒されるから。

 

ニキビ肌の場合はどうなんでしょうか?

 

それでは、行ってみましょう〜!

 

 

●ニキビ肌には洗顔石鹸?

 

いまだに根強い人気を誇る洗顔石鹸。

 

ある皮膚科医が執筆した本にも、ニキビ肌には固形の洗顔石鹸がおススメと書いてあるそうです。

 

石鹸というのは油脂でできているのですが、油脂は製造過程で分解されて「グリセリン」と「脂肪酸」に分けられます。

 

この脂肪酸に苛性ソーダを混ぜて作られるのが石鹸です。

 

無添加石鹸などは、この脂肪酸(油分)と苛性ソーダと水で作られていて、それ以外は一切配合していない石鹸のことですね。

 

ニキビ肌用の洗顔石鹸はたくさん発売されていますが、ドラッグストアなどで気軽に購入できる石鹸で、顔も身体も洗っちゃう!という強者もいます。

 

ニキビ肌の人だけでなく、普通肌の人も、洗顔石鹸以外の石鹸で顔を洗うことは私はおススメしませんが、なかには薬用ミューズで顔を洗ったらニキビが治った!なんて人もいるので、こればかりは合う合わないなので分かりませんよね(笑)。

 

とにかく、ニキビ肌の人は余計なものが加えられていない、石鹸素地のものを使うのが良いのではないでしょうか?

 

 

●なんでニキビ肌に洗顔石鹸がいいの?

 

上に書いた通り、石鹸というのは余計なものを使わずシンプルに作られているものが多いので、肌への負担が少ないから、ということが考えられます。

 

また、徹底的に汚れを落とすような化学成分が配合されていないので、洗い上がりがマイルドでツッパリ感が少なく、肌ストレスが少ないこともあげられます。

 

思春期ニキビのように、過剰に皮脂が分泌して顔中テカテカしているような状態でしたら、がっつり汚れを落とすような洗顔でもいいのかもしれませんが、ニキビ肌というのはトラブルを抱えた状態で敏感に傾いている場合が多いので、優しく洗える洗顔石鹸がいいのかもしれません。

 

もちろん、洗顔石鹸で洗う場合も、泡立てネットなどを使いモコモコの泡をたっぷり作ってから洗顔しましょうね。

 

 

●ニキビ肌には洗顔石鹸が良い?ってホント?

 

いかがでしたか?

 

石鹸は種類が豊富で、見ているだけでもワクワクしてきますよね。

 

シンプルに作られた石鹸にラベンダーやローズマリーなどの天然精油が配合されているようなものは香りも良くて洗顔が楽しくなりますよ♪

 

とくにニキビ肌の方でしたら、精油はさっぱりした香りのペパーミントや、あと皮脂を吸着する炭の成分が入ったものもおススメです♪

 

生活の木やマークスアンドウェブなどにも豊富においてあるので、興味にある方は一度覗いてみてくださいね♪